トップ > 健康診査の案内 > ジェフ健保で実施している各種健診について

健康診査の案内

ジェフ健保で実施している各種健診について

                                                             ※「健診結果表」健診を受診してから1か月~2か月程度かかります
                                                                健診結果表が必要な方はお早めにご受診ください。)
ジェフけんぽの健康診査について・・・(どの健診種別が受診できるのか)
各種健康診査のご案内・・・(平成29年度版)PDFはコチラ  ※健診の受診方法は左をクリックしてください。
                         ※2 平成29年度版は現在作成中です。
・平成29年度の健診は平成29年4月1日~平成30年3月31日までに1回受診できます。
 1年度に複数回の受診はできません。
・平成29年度の受診対象年齢
・・・・・・・35歳以上は(1983年)昭和58年3月31日までに生まれた方。
・・・・・・・40歳以上は(1978年)昭和53年3月31日までに生まれた方。


一般健診

対象者・・・被保険者が対象。(被扶養者は受診できません)  
 

費用・・・ ジェフ健保の契約健診機関を利用した場合は受診者一部負担金2,000円。
交付金制度を利用した場合は、支給限度額があります。
検査の内容・・・ 35歳未満と35歳以上で検査項目が違います。
交付金制度に記載の検査項目をご覧下さい。
実施健診機関・・・ 契約健診機関で受診できます。交付金制度を利用される場合は交付金制度をご参照ください。
受診時期・・・ 4月~翌年3月までの間で1回受診できます。
一般健診を受診した場合、生活習慣病予防健診、人間ドック、婦人生活習慣病予防健診は受診できません。
 

特定健診

対象者・・・40歳以上の被扶養者が対象。
(被保険者は受診できません。被保険者は、一般健診、生活習慣病予防健診、人間ドック、婦人生活習慣病健診を受診することにより特定健診を受診したことになります。)

費用・・・ ジェフ健保の契約健診機関を利用した場合は無料。
交付金制度を利用する場合は、支給額に限度があります。
検査の内容・・・ 交付金制度に記載してある検査項目をご覧下さい。
実施健診機関・・・ 契約健診機関で受診できます。
受診時期・・・ 4月~翌年3月までの間で1回受診できます。特定健診を受診した場合、生活習慣病予防健診、人間ドック、婦人生活習慣病予防健診は受診できません。


生活習慣病予防健診

対象者・・・35歳以上の被保険者・被扶養者が対象。

費用・・・ 受診者一部負担金3,500円
検査の内容・・・ 身体計測・血圧測定・視力検査・聴力検査・胸部X線・心電図・眼底検査・血液検査(肝機能、腎機能、糖尿病、貧血、動脈硬化)・胃部X線・便潜血反応検査。
実施健診機関・・・ 契約健診機関または健康保険組合連合会指定病院で受診できます。
(健保連指定病院の受診方法についてはこちらをご覧下さい。 )
受診時期・・・ 4月~翌年3月までの間で1回受診できます。生活習慣病予防健診を受診した場合、一般健診(被保険者)、特定健診(被扶養者)、人間ドック、婦人生活習慣病予防健診を受診できません。

 

人間ドック(1日)

対象者・・・40歳以上の被保険者・被扶養者が対象。

費用・・・ 受診者一部負担金 20,000円
検査の内容・・・ 生活習慣病予防健診に腹部超音波検査等がプラスされた健診です。
実施健診機関・・・ 契約健診機関または健康保険組合連合会指定病院で受診できます。
(健保連指定病院の受診方法についてはこちらをご覧下さい。)
受診時期・・・ 4月~翌年3月までの間で1回受診できます。人間ドックを受診した場合、一般健診(被保険者)、特定健診(被扶養者)、生活習慣病予防健診、婦人生活習慣病予防健診は受診できません。

 

婦人生活習慣病予防健診

対象者・・・35歳以上の被保険者・被扶養者。

費用・・・ 受診者一部負担金3,000円

   検査の内容・・・生活習慣病予防健診と同程度の内容です。
   実施の場所・・・全国各地の公共施設を利用します。
   実施の時期・・・春・秋年2回。ご案内は春季受診分は12月初旬頃、秋受診分は7月初旬頃にご案内いたします。   

脳ドック

人間ドックのオプション検査として実施しています。検査方法はMRI・MRAによる検査です。脳ドック単独での受診はできません。
※実施機関についてはこちらの契約機関一覧表をご参照ください。

費用・・・ 受診者一部負担金 20,000円(別途、人間ドックの一部負担金がプラスされます。)

 

乳がん検査

  生活習慣病予防健診及び人間ドックのオプション検査として実施しています。検査方法は視触診・マンモグラフィー又は視触診・エコーによる検査です。検査費用は生活習慣病予防健診及び人間ドックの一部負担金に含まれていますので別途必要ありません。
マンモグラフィー又はエコー検査の実施健診機関につきましては、契約健診機関一覧表の乳がん検査(マンモ・エコー)欄でご確認ください。マンモグラフィー又はエコー検査の両方に対応が可能な健診機関で受診する場合はどちらか1つの検査方法を指定してください。ご自身で検査方法の指定の判断ができない場合は健診機関にご相談ください。