トップ > 各種保健事業の案内 > インフルエンザ予防接種補助金支給事業

各種保健事業の案内

インフルエンザ予防接種補助金支給事業

事業の目的について

この事業はインフルエンザ予防接種費用の一部を補助することにより、インフルエンザへの罹患の防止と重症化を予防し健康の保持・増進を図ることを目的としています。

支給の対象者について

予防接種時において健康保険組合の被保険者資格を有する者とします。(被扶養者は補助金の支給対象とはなりません

支給対象接種期間について

年間をとおして、インフルエンザの予防接種を受けることができます。


実施機関の選定について

被保険者が医療機関を選定のうえ予約し、実施するものとします。

補助金の額について

補助金の額は、接種者1人1年度(4月1日~翌年3月31日)についてインフルエンザ予防接種費用のうち2,000円とします。
ただし、2回接種の場合でも1回分のみを対象とし、予防接種費用が2,000円未満の場合には実費を補助します。
なお、市町村から予防接種費用の補助を受けた場合には補助金の支給対象となりません。

支給申請手続について

所属する事業所において被接種者を取りまとめ、健康保険組合が別に定める申請書に所定事項を記載し医療機関の領収書(原本)を添付のうえ健康保険組合に申請します。
医療機関の「領収書」(原則個人ごと)につきましては必ず原本(コピ-・レシ-ト不可)を添付してください。また「領収書」には次の内容が明記されているかご確認ください。

(接種対象者氏名・接種日・医療機関名・インフルエンザ予防接種の代金である旨)

※1 領収書の領収印漏れが多く見受けられますので、領収書に必ず領収印が押印されているかご確認のうえご請求をお願いします。
※2 事業所や店舗単位で領収書を一本化する場合は、被保険者と未加入者を区分するために、医療機関に領収明細書の発行を依頼してください。領収明細書には「接種者の氏名・接種日・料金」の明細が記入されていることが必要です。

補助金の支払方法について

健康保険組合は、受付けた申請書を審査のうえ、申請者である事業主に支払い、事業主は該当被保険者へ支払うものとします。
なお、任意継続被保険者は直接、ご本人の指定口座へ支払います。